家族葬にするメリット

最近多くなってきた家族葬。家族葬のメリットは何でしょうか? - 寿陵を建てる際のメリットとは

寿陵を建てる際のメリットとは

最近は霊園でも寿陵を建てる方が増えてきていると言われています。
寿陵とは、自分が亡くなる前に、自分のお墓を建てる事を言います。
生前に寿陵を建てると何となく死ぬ準備をしているかのような印象を受けますがどのようなメリットがあるのでしょうか。

全てを自分で選び決める事が出来る

生前に霊園やお墓について家族に遺言を残していても、本当に実現される事と言うのはなかなか難しいものがあります。
残された遺族にそれだけの資金があるか、気持ちがあるかにもよりますので、思い通りに行く事は稀だと言われています。
そうならない為にも、生前に寿陵を建てる事は有効であり、自分で全てを決めて選ぶ事が出来るので、希望通りのお墓を建てる事が出来ます。

焦らずじっくり落ち着いて選ぶ事が出来る

早急に決めなければならないような事柄と違い、ゆっくりじっくりと自分で様々な事柄を選ぶ事が出来ます。
既に自分が亡くなった後では、遺族が焦って妥協する事もありますので、そういったことも防ぐ事が出来ます。

相続税の節約が出来る

相続税はお墓やそれにまつわる装飾品等は相続税の対象外にするとされています。
お墓を建てるための費用を相続すると相続税がかかりますが、すでにお墓の状態で相続するのであれば無税になるわけです。
こうしたことから寿陵を建てておく事にはメリットがあり、様々な意味で残された遺族に負担をかけない事にも繋がるのです。
相続税も無税にする事が出来るのであれば、寿陵を建てておく方がお得になると思います。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP